仕事の生産性とサーカディアンリズム

Column

今、日本の多くの企業では仕事の生産性を上げる為に、様々な対策や取り組みを行っています。オフィスのレイアウト変更やリモートワークの併用など働き方の見直し、DXなど様々な方法がありますが、今回は徐々に注目されつつある「光が与える仕事の生産性への影響」に焦点を当ててご説明します。

人は光でリズムを作る

突然ですが、皆様はサーカディアンリズムという言葉を耳にしたことがありますか。
サーカディアンリズムを日本語で言うと「概日リズム」。人や生物は、地球の自転による24時間周期に同調して体内の機能を変化させる機能を持っています。人の体温やホルモン分泌など、この周期に合わせてほぼ24時間のリズムで回っていて、これをサーカディアンリズムと呼びます。ちなみに語源はラテン語で「サーカ(おおよそ)」「ディアン(1日)」、言葉の通りおおよそ1日のリズムです。

一方で、「体内時計」という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。実は人の体内時計の周期は、個人差はあるものの24時間より少し長い25時間と言われていて、先ほどのサーカディアンリズムより約1時間ほど長い周期になっています。ではなぜ1日1時間のずれが生じるのに人は24時間サイクルで生活ができるのでしょうか(例えば毎朝決まった時間に起きられるなど) 。
それは人がこの体内時計を、地球の自転による昼夜の周期に一致させられる機能(同調機構)を持っているからです。
そしてこの同調機構は、「同調因子」によって調整されています。この同調因子で代表になるものが「光」であり、他には「時計」、「食事」などがあります。つまり、朝~昼~夜と変化する自然の光の中で生活し、決まった時間に食事を取るなどすることで私たちはサーカディアンリズムを整えているのです。

光と睡眠の関係

では、サーカディアンリズムが崩れると人はどうなるのでしょうか。
最も影響を受けると言われているのが睡眠です。
夜眠れなくなったり、朝の寝起きが悪かったり、脳が活発に働くはずの昼に眠くなってしまったり・・・自然光を浴びる、決まった時間に食事を取るといった「規則正しい生活」は、当たり前かも知れませんが私たちが生活する上でとても重要なことなのです。(もちろん仕事をする上でも)
この乱れたリズムを正す、乱れないようにする為にポイントになってくるのが光なのです。

光と生産性の関係

毎日外で仕事をして光を浴び、暗くなると夕食を取り早めに就寝する人はこのリズムが乱れにくいですが、働く私たちにとって、そうでない人の方が大半でしょう。つまり光を浴びて身体のリズムを整えることは、昼間に仕事をする人にとって脳が活発な時間に業務に取り組めること繋がるため、とても重要になってきます。

そこで最近注目されているのが、照明を自然光に近づけることでサーカディアンリズムを整えようという考え方です。具体的にはオフィスや働く場の照明の明るさや色を時間に応じて変化させることで、屋外の光環境に近づけようというものです。働く人にとって、オフィスが起きている間に最も長くいる場所、という方が半数以上ではないでしょうか。

オフィスの照明の移り変わりを人のサーカディアンリズムに合わせることで、正しい睡眠を取ることができ、結果的に仕事の生産性があがるのではないか、この様な考えが近年注目されてきています。

サーカディアンリズムに対応したアイリスグループのオフィス

近年「働き方改革」が唱えられ、残業時間短縮に取り組む企業が増えてきており、それを実現させるには生産性を上げることが重要になってきます。生産性を上げるには心身ともに健康で、且つ能力を最大限に活用することが必要であり、その為には社員のサーカディアンリズムが整っていることが重要になります。
この様な考えの下、私たちアイリスグループでは自社のオフィス照明をサーカディアンリズムに対応させることで生産性の向上を図ろうと取り組んでいます。

例えばアイリスグループ東京本部のオフィス内の照明は、無線方式の照明制御システム「LiCONEX(ライコネックス)」でコントロールしており、自然光の1日の移ろいを再現した「サーカディアンリズム」機能を採用し、時間に応じて明るさ・光色を変化させることで、オフィスで1日の大半を過ごすワーカーが時間の移ろいを体感的に感じ取れるように設計されています。

画像を見ていただくとお分かりいただける通り、朝出勤時は昼光色で照度も上げ、心身が活発に活動できる状態になるようにサポート、日中から夕方になるにつれて徐々に色温度と照度を下げていきます。
実際に終業後にこの状態になると早く帰ろうというマインドにもなり、残業時間の削減にも寄与しています。

さらに単純に均一的にこれを実現させるのではなく、例えば窓辺のウインドウフロントエリアは眺望を見ながら仕事に集中できる特徴的なエリアですが、外光とパソコン画面の照度差によって目が疲れやすくなるため、室内の照度を明るくすることでパソコンの画面を見やすくし、業務に集中しやすい環境を整えていたり、ソファエリアやタッチダウンエリアなど、それぞれのエリアの特長に合わせて無線制御で細かく照明をコントロールしたりすることで、働き方に適した照明環境を整えています。

オフィスの光を通して屋外の環境に近づける、また場所に応じて不快のない、快適な光環境にすることでサーカディアンリズムを整えて社員の健康と生産性を上げる。これからの働く環境を整えていく中で、光との関りがますます注目されていくことでしょう。

Related